6月3日(水) 4連敗は阻止

10:30~26:00まで。

142勝55敗で、+371,000円だった。

 

2日の大暴騰よりはやりやすく、かみ合ったと思う。

コツコツドカンが増えていたので、今日は損小利大

をとにかく意識した。

枚数は前日の半分以下でこれ位の利益なので、

利が出たら伸ばす事だな。枚数じゃない。

 

2月5日(木) EURの上昇が早すぎ

 

ロンドン前半まで損切りが多く、

ずっと±0で推移。

後半からEURが急騰。

一瞬にして噴き上げてすぐに下落。

これを何回か繰り返し、うまく取れた。

この上げ方で逆張りすると、天井でロスカット

のパターンになりそうなのでそれだけ注意した。

利はあまり伸ばせず、早い利食いが多かった。

 

段階的な急激トレンドも、取りやすいっていえば

取りやすい。段階的にくればの時だが。

いかに事前準備が大事か。

 

GBPはEURと違う噴き上げだったので、

様子見していたら結局ほぼスルーになってしまった。

 

5日     +224,000円

 

2月4日(水) 今月プラ転

4日は+186,000円 

14時過ぎから参戦。

今日もUSD/JPYは取引なし。

AUDが最近よく動いてチャンスが多い。

今日は勝率悪いと思ったけどそうでもなかった。

 

利食い 49回

損切り 21回

 

リスクリワードも悪くなかったかな。

デイトレとスキャルなので、PFと勝率を

確保してればどんな相場でも問題ないだろう。

 

しかし、EUR/USDが深夜に暴落していて、

ギリシャ問題で急騰か急落か、

どちらにしても注意しないといけないな。

軽く100pipsは動くので、資金管理を徹底したい。

守るというより、勝つための資金管理

 

今月プラ転したけど、何か苦戦しそう。

 

2月3日(火) EUR/USDで勝負

 

取引時間は22:00~24:00の2時間。

EUR/USDがちょうど動いてくれたけど、

最初の上昇で様子見したのでうまく取れた。

しかし、23時台は勝ったり負けたりで

利益を削ってしまった。

 

強いファンダメンタルズの材料を伴った

レンジブレイクはEUR/USDは危ないな。

ちょっとタイミングがずれると損切りの嵐。

最初のロスカットをためらうと、あとは無い。

さんざん経験してきたが、味わいたくないな。

 

今日はノートPCでトレードしたけど、

値幅の感覚が分からなくて危険。

100ピップ動いてもチャートが小さいので、

かわいく見えてくる。

 

3日 +63,000円

 

1月まとめ +281万

1月は、ドローダウンが少なかったのが良かった。

勝ち金額-負け金額=利益なので当然の結果。

利食い幅も大きいのがあったり、

勝ち方も悪くは無かった。

途中でのスイスショックを考えると、

ポジション持っていたのに利益が残ったので

安堵感が強い。

相場の恐ろしさを再確認できたかな。

 

デイトレードは、スイスショック以降の値動きで

回数が少なめになった。

利益はスキャルで+240、

デイトレで+40くらいかな。

 

順張りと逆張り、トレンドとレンジなど、

目線は固定せずに相場を見ていきたい。

 

1月22日(木) 会見中にじり安

22日・23日は+293,000円

ECB総裁会見で大荒れ。

23:30前後のEUR/USDじり安で

1発食らったが、それ以外はそこそこかみ合った。

トレード回数は少なかったけど、

抜き幅がいつもより少し多く取れたと思う。

テクニカルだけではなく、ファンダメンタルズを

意識したトレードが今年の課題だけど、

これ難しすぎる。

ファンダ派の人は凄いな。

テクニカル、ファンダメンタルズ、

どちらも否定せず、依存せずという事か。

今の相場は、ほんと勉強になる。

 

「ザイFX!」で取材を受けた

 

20日は+103,000円

ロンドン時間はじり上げ相場が続き、

かなりストレスのたまる時間帯だった。

そんな事は自分の都合だが、ここでしっかり

我慢できたのが良かった。

NY本格参入から徐々に動き出し、

最後に利益を残せて終了。

 

ところで、先週のスイスショックで微損を

出したわけだが、その件でザイFXから

取材を受けました。

記事はこちらです → 「ザイFX!スイスショックの悲劇」

 

 

1月途中経過

 

1月の損益は今のところ、+150万位。

去年の歴史的低ボラ、黒田バズーカ以降の相場、そしてスイスショックなど、

色々とトレードスタイルを考える場面も多かった。

こういう相場を生かしてスキルを上げるようにしたい。

最近は長め保有のデイトレードが面白いかな。

しかし、大相場があるとウンチクを語るトレーダーが多い。

先を読むファンダほど難しいものは無いし、後付の解説は簡単過ぎる。

結局トレードして利益を上げられるかどうかだろう。

もちろんウンチクが語れるほどの知識や情報を知っていて当たり前だ。

重要なのは、知識・情報・持論+トレードスキルになろう。

これを兼ね備えたトレーダーはあまりいない。

エンジュクの他の講師の方々だろうか。。。

 

EUR/CHFのロングポジションで・・・

 

1月の2週目からEUR/CHFのロングをもっていましたが、先週危なく大損するところでした。

私の損失は逆指値がしっかりと効いてくれて数万円の損で済みましたが、

知人トレーダーは退場どころか借金地獄へ陥りました。相場は恐ろしいですね。

しかし、フルレバレッジで大勝ちしようとする裏には、同じリスクがあります。

今回はそのリスクが表面化しただけであり、偶然でも運の悪さでもありません。

ポジション管理や資金管理が徹底されていれば何事も無く通り過ぎた相場のはずです。

とはいっても、自分も損失は損失として学ばなければなりません。

久しぶりに頭が真っ白になり、相当焦りました。

ECB総裁発言で大荒れ

3日は+223,000円

日中はUSD/JPYが120円をいつ越えるか

気になってしまい、かなり疲れた。

22:30以降は100回以上トレードでき、

順調にコツコツ取っていった。

今日は、ECB総裁の発言後のチャートを

10ヶ月分動画で確認してから望んだ。

今年分の値動きは頭に入れたつもり。

乱高下する相場こそロスカットする事を

強く意識できたのが良かった。

先週みたいにナンピンでホールドしても、

良くてプラマイ0だから利益は残らない。

ロスカットしていれば、何かと利益が残る。

負けた後の勝ちほど、確信が持てる。

でも、明日からまだまだ負けるんだろうな。