4月まとめ

27日(水)はFOMCで負けて-219,000円
28日(木)は日銀で負けて-401,000円
勝っておきたかった日に2日とも負け。とほほ・・・
29日(金)はフィックス後に少しとって+66,000円

4月  +239,000円

けっきょく利益を飛ばして4月は微益。
勝率も悪く、不安定な月だった。
そろそろ改善しないと、ちょっとまずい感じだ。
ロットを上げたときに負けることが多く、
来月はそのあたりを上手く調整していきたい。

FOMCと日銀は、ドカンと動いた後のもみ幅で
同じような負け方をしているので、根本的に逆をやってる。
分かっていてもやってしまうので、メンタルということになる。

FX トレード解説例(ぶせな塾)

エンジュクさんで、今日の24:00まで「ぶせな塾」の募集を行なっています。

私が行なっている投資スタイルは、

1.スキャルピング
2.デイトレード

この2つの投資手法です。
ぶせな塾では、日々どのようなトレードをやっているか、配信しています。
手法だけ伝えてあとは頑張って下さい、というものではなく、手法をもとに、
毎日どんな事を考えてトレードの判断をしているか、週に5日程度配信していますので、
リアルタイムの相場で継続的に学んで頂けると思います。

内容の一部を下記に記載しました。
抜粋していますので、参考にしてください。

—————————————————————————————

0322

Aのポイントは、オーバーシュート狙いの逆張りとは違いますが、長めにホールドできるスキャルピングのポイントです。
時間的な要素も是非トレードに取り入れて下さい。特に、ポジションを長くホールドできない方は、
時間の考えが抜けている場合があります。

さて、一昨日の夕方は、ベルギーのテロによる影響で、主要通貨ペアが一時的に暴落しました。
特に、クロス円の下落が酷かったですね。1分足でみると、指標以外で第五ゾーンを下抜けているのを久しぶりに見ました。
クロス円の3通貨ペアを比べてみると面白いので、見てみます。

1.オージー円
2.ユーロ円
3.ポンド円

この3通貨ペアです。
黄色い丸をつけたポイントで逆張りの買いをしています。
エントリーした通貨と、していない通貨ペアの根拠は次の通りです。

1.オージー円

オージー円0322

だらだらと下げ始めたので、どこで反転するかは分かりません。
そこで、オーバーシュートするまではノーエントリーです。
矢印の箇所では反転していますが、さらに下げる可能性もあるのでスルーです。
最後の丸のポイントでオーバーシュートと判断し、エントリーしています。
矢印1つ目と2つ目から最後の丸まで、下げ方が同じ波ですね。前回お伝えした、時間的な要素も根拠になります。
矢印の箇所は、5分間戻してまた下落、2つ目の矢印も5分間戻して下落しています。ということは、丸の箇所も、
戻すなら5分位は継続する可能性が高いですので、5分までとはいわずとも、数分間はホールドしても良いポイントです。

2.ユーロ円

ユーロ円0322

丸の箇所まで、だらだらと下げていますので全てスルーです。
最後の丸でようやくエントリーです。一度損切りしたあと、最安値で再エントリーしています。
ユーロ円はここのオーバーシュートの値幅が出たので、V字回復も期待しましたが、
上昇の勢いが無かったので2分ほどで決済しています。

3.ポンド円

ポンド円0322

丸の箇所でエントリーしています。下げ始めの途中でも、ポンド円は第三ゾーンまできていて値幅がありましたので、
他のクロス円を比べて反転が期待できたので入っています。
最後に第五ゾーンを2回ついてますが、1回目はそれなりに取れましたが2回目は指標直後だったので、
エントリーはしていますがロットは少なく、取り幅も少なかったです。

個人的には2回目の第五ゾーンは難しかったです。
結果として10分で60pips戻していますので、小ロットでもホールドすべきでした。159.00円が大きな節目となっていたので、
指標でここを下抜けてさらに下も考えたので仕方ないですが。
超短期トレンドは節目が重要です。反発するなら大きく戻しますし、抜けるならドカッと抜けます。

同じクロス円の下落でも、注目通貨と節目により値動きは変わりますので、あくまでもチャートで
判断することを心がけています。

—————————————————————————————

あと5時間で募集は終わります。
FXで勝ちたい方は、是非どうぞ → ぶせな塾

FX 詳しいトレード解説です

 

明日の24:00まで募集している「ぶせな塾」では、

下記のような記事を週に5回程度配信しています。

この回では、保有中ポジションのエントリー根拠を、チャートを用いて解説しています。

「ぶせな塾」記事の一例ですので、参考にして下さい↓

——————————————————–

金曜日の雇用統計の値動きをみてエントリーし、週明けまで持ち越しているデイトレードのドル円ポジションがありますので、紹介いたします。

エントリー根拠は、次の流れです。

日足からみていきます。

①ドル円日足0403

どのような環境で雇用統計を迎えたかというと、下降トレンドの最中ですね。

まずパーフェクトオーダーで、さらにローソク足が25EMAより上にいけない状況です。

2月前半で1,000pips下げたトレンドは、まだ継続していることになります。

高値を切り下げ、安値も切り下げていますし、分かりやすいと思います。

次は、4時間足です。

②ドル円4時間足0403

3/29に200EMAを上抜けようとしましたが、失敗しています。

このポイント、直近の高値でぴったりと止められていますので、テクニカルが意識されています。

高値を1つも越えられないので、下降トレンドはまだ継続していることが分かります。(もしこの高値を越えていれば、また相場環境は違った可能性があります。)

その後下げてきて、パーフェクトオーダーになっています。4時間足も、明確に「下」です。

次は、1時間足です。

③ドル円1時間足0403

またパーフェクトオーダーです。そして、雇用統計の高値がポイントになりました。

75EMAと下降トレンドラインで、反発しています。ここを上抜けできないと、上昇するには厳しいです。反発すれば、下降トレンドが加速する可能性が高いポイントです。

1時間・4時間・日足の全てで上昇が否定されています。

では1分足を見ています。

④ドル円1分足0403

白い丸の箇所が雇用統計の高値ですが、しっかりと止まっています。

もし上昇トレンドになるなら、まずこの高値を軽く越えなければなりません。

実際は、チャートの通りです。

ここまで確認して、矢印のポイントでショートポジションを取りました。

確率として、上昇か下落かというと、下降の方が高いポイントです。ポジションを取ったときの逆指値は、雇用統計の高値より少し上の112.55円、指値は入れてません。

目指すのは、次の安値である111.25円~111.35円付近です。

下降トレンド継続なら、ここは割れてくると思います。割れてこないで112.00を上抜ければ、微益で決済してまた次のトレードという事になります。

まず、1時間足で25EMAの傾きが上か下のどちらになるかですね。今は下向きです。

————————————————————————-

週が明けてからの次の記事です↓
————————————————————————-

前回のデイトレード例の続きです。ドル円のショートを週末持ち越していました。

昨日、決済しましたのでチャートを見てみます。チャートは1時間足です。

1時間足0405

矢印の箇所がエントリーとイグジットです。チャート通りで、111.25円~111.35円あたりで何度も跳ね返されていたので、ここでいったん決済です。

デイトレードの場合、目線が正しければ、そのトレンドは必ず次の節目まで目指して進んできます。

利益が乗ったから何となく決済するのではなく、目標のポイントを決める事で利が伸ばせますので、エントリーする前には、出口である利食いと損切りポイントも決めた方がいいです。

出口を決めないと、ポジションを持っている根拠に自信が無くなり、結局スキャルピングみたいな数分で決済するトレードになってしまうのが多くなります。ポジションを長く持てない方は、出口を明確にしてからエントリーし、利食いでも損切りであっても、決めた価格にくるまでは、手動で決済しないように練習するのも良いと思います。

こうすると、しだいに長くホールドしていることが苦にならなくなります。

どこでエントリーするかよりも、エントリーの根拠と出口を明確に決めることが先決です。

ルールが無いと、どこでエントリーしても練習にならないからです。

さて、ドル円は依然として下落しています。どこで止まってどこで動くのか、テクニカル的にトレンドを追ってみて下さい。

————————————————————————-ここまで

デイトレードの例でした。

トレードの根拠や解説、注意すべきファンダメンタルズやテクニカル分析など、日々リアルタイムで配信しているので、継続して学んで頂けるような環境です。

ぶせな塾は、明日の24:00まで募集しています。

こちらからどうぞ。

FX 4月26日(火) +18.6

欧州から参戦。
デイはポンドで3通貨ペア。2勝1敗で+3.8万。
スキャルは、ポンド円とユーロドルで取れた。
ユーロドルがいい形だったと思う。
+186,000円

連勝したら連敗がきて、また連勝。
トレードとはこんなものだろう。
メンタルを鍛えることはできない。
普段からいかに勝ち組の思考でいられるか。
今日負けても相場はなくならないし、
今まで勝てたからといって明日から勝てる訳ではない。

トレードは矛盾した考えだらけ。
これをうまく消化してモチベーションをキープできるか。

4月 +793,000円

ぶせな塾 募集中です

現在、エンジュクさんでぶせな塾を募集しています。

ぶせな塾では、FXで勝つために必要なあらゆる事項を、リアルタイムの相場に沿って配信していくものです。

ぶせな塾1

テクニカル分析や資金管理、相場の取り組み方、考え方など、動画解説なども交え、

週に3回~4回配信しております。

ぶせな塾 → こちらをクリック

 

様々な相場をチャートを用いて解説もしてます。

ぶせな塾428日(木)まで募集していますので、FXで勝ちたい方は是非どうぞ。

詳細はこちら

 

 

 

 

FX 4月25日(月) +2

マーケットオープンから見たかったけど、
ちょっと寝坊してスタート。
日中はスマホと時々ノートでトレード。
スキャルはポンド円を数回入って微益、
デイトレードは3勝1敗で、トータル+20,000円

日銀まで大きく負けないように備えたい。
FOMCはあまり期待していない・・


4月 +607,000円

4月22日(金) +4.3

午前中は、ドル円とポンドオージーのデイポジを持つ。
昼過ぎのドル円急騰に30分遅れで気付く。
ドル円はすぐにカットしたので、その後を考えると傷口は浅い・・
ポンドオージーは久々の100pips越えで、カバーできた。

スキャルは17時ころから参戦。
ユーロドルは安値更新しても、だらだらと下げるだけで取れない。
ドル円はまだ上げそうで下げそう、難しく感じたので手数少ない。
一番取れたのはポンド円だった。
トータル、+43,000円

ユーロドルの-7万が余計だったが、
プラスで終える事ができて良かった。

4月 +587,000円

FX 4月21日(木) +10.1

朝一に1回だけ入って-3,000円。
17:00頃から再参戦して、ECBまでノートレ。

発表後はユーロドルとユーロ円でそこそこ入ったが、
細かいロスカットが多くてドカンと勝つトレードだった。
ポンド円も1回だけ入って、利益が残った。
+101,000円

スプレッド2.0だと入ろうか迷って、
どっちにしても判断が遅くなり良いトレードできない。
この日は、入っておけば良かった、ってのが最大のチャンスだった。
一瞬4.9(7.9?)とかに広がったし、入らなくて良かったのかな。
最低3口座はスタンバイしておきたい。

4月 +544,000円

FX 4月20日(水) 値動き少ない

デイで持ち越した3ポジションで+4.6。
欧州からはスキャル中心にやるが、NY指標後も
値動きが少なく、フィックス前に集中力が切れて終了。
トータル、+68,000円

その後、動いていたようだ。
オージーは2時間くらい監視してたのに残念。

とりあえずドローは脱せたのか・・

4月 +443,000円

FX 4月19日(火) 最大ドロー91万

16:00頃から参戦、24:00まで。
手数は少なくして、20回位しか入らなかった。
微益だけど、プラスで終わる事ができた。
+33,000円

先週から続いたドローダウンは、91万だ。
1回で100万負ける事も何度かあったが、今回はボディブローのよう。
敗因は明らかなので、今後忘れないようにしたい。

今月はイベントがまだ3つあるので、
プラスで終わらせてGWを迎えたいな。

4月 +375,000円